Hans

お外でのお仕事は引退したHansですが、お家の中では頑張ってくれています

先輩犬のオモチャに興味津々の若犬ちゃん。
横取りはしませんが、目線は釘付けです
画像






















あんまり狙っちゃダメだぞ! by Hans
画像






















もうすぐ11歳を迎えるHans - DM発症想定から2年9か月になります。

現在は、車椅子歩行も200m前後歩けるかどうか・・という位になり、
ほとんどの時間、横たわっているようになったHansですが、
今も私の片腕である事に変わりありません。
彼の存在は、古くからの子たちには影響力がしっかりあります。
新しい子たちにも、直接的に関わる事は出来なくなりましたが、
その威厳というものは伝わっていると思います。

Hannaも海音もそうでしたが、私の傍らで一生懸命支えてくれる彼ら。
私はそれだけで、いーーーーっぱいの幸せをもらっています。


1日何度も股の間に挟んでいる保冷剤を取り替えないと、すぐに熱くなってしまいます。
それでも、湿度が高くなってきているので、室温と湿度に気を付けないと
呼吸が乱れやすくなりました。


そんな時は、酸素チャージャー登場!
画像


























人間用のため、酸素の排出口を安定させるのが難しいので、
お嬢もお手伝いしてくれます(#^.^#)
画像






















その都度、必要な時間は変わりますが
酸素が行き渡ってくると、スヤスヤ寝てくれます Zzzz・・
画像






















Hansに直接当たるところはムートンですが、
その下は長座布団を2枚並べて敷いて更に2重にし、上半身に当たる部分にマットを足し、
その上に腰の辺りが少し高くなるように端を折った医療用ブレスエアーマットを敷き、
腰骨の位置に合わせて花型パウダービーズクッションを置いてます。
画像






















一番上にムートン♪
床擦れ防止のためには寝床の質も問題ではありますが、
体圧のバランスを一定にするよう心掛けるのが何よりも大事!
という事で、Hansの場合は腰の浮きをなくすために腰の部分だけ
少し盛り上がるように寝床を作ります。

横から見るとこんな感じ。
上半身の場所と比べると盛り上がり過ぎに見えると思いますが、
ここに体重37kgのHansが寝ると、程よく平らになります(^.^)
画像






















車椅子で歩く距離は短くなりましたが、
毎日じゃないけど、立位として15~40分乗っています
ちょこっと顎乗せバーが短かったけど、大きな支障はないので
このまま使っています(;^ω^)
画像



























乗りながら見ている先には・・





大事な大事な可愛い妹分が、
買ってもらったばかりのシャボン玉剣を振り回して遊んでいます(笑
画像





















お嬢といる時のHansは、とっても嬉しそうです(*^_^*)
画像






















撫でてもらおうもんなら、デレデレ兄ちゃんに変身です(笑
画像






















お外で立つ事が出来ない時は、Hansの様子にもよりますが、
室内でなるべく立つ時間を入れるようにしています
画像






















大きな頭が疲れるので、音和のイスを拝借して顎乗せ台に。
顔を乗せられると、やっぱり楽みたい
専用扇風機もしっかり当てます(#^.^#)
画像























立つだけでも疲れるHans
終わった後は、水分取ってひと眠り~
最近、こうして舌が出ちゃう事が多いの
可愛いけどね。
画像

























嬉しいご報告があります!


長らくご心配おかけした床擦れが、両側ともに完治しました~(涙
年明け早々に頼みの綱と思っていた獣医さんから
「完治は難しいかも。悪化しないようにケア出来れば(まずまず)」といったような診断を受け
かなり気持ちが凹みましたが、友人の支えを頂いて、ジュクソウに詳しい獣医さんの診断を受けた事で
正しい指導に基づくケアが出来たおかげ様です!!!

4か月半の長い月日、Hansがよく頑張ってくれました~


一番酷かった時の左側
骨のすぐ上にある腱(白い部分)が見えるほど深いものでした
画像





















完治はこちら
画像























一番酷かった時の右側
腱が見えている部分以外の深みは、左より浅かったですが
患部の広さは大きいものでした
画像

























完治した右側
画像






















筋肉がない事に変わりはないので、これから先も再発しないよう
ケアには十分気を付けないといけませんし、身体全体の筋肉が変わってきたら
現在のケアをまた変えていかないといけないかもしれませんが、
体圧バランスに気を付けていけば何とか!


皆様、見守ってくださって、ありがとうございました(*^-^*)
これからも支えてください♪



床擦れと並行してですが、体力低下も少しずつ・・
以前は、たっぷり遊んだ帰りでも車中で寝てしまうことはなかったですし、
車内で横たわって乗るようになってからもお目目パッチリのHansでしたが、
先日は行き道から目を閉じてウトウト。
画像
























先月まではお嬢のお迎えに車椅子で行かれましたが
今は介護カートで行くようになりました。
保育園で疲れているお嬢に三輪車のコントロールは無理なので
体重が軽い今はHansと相乗り♪
お嬢はこの方が嬉しそうです(*^_^*)
画像























鍼治療などの通院から戻ると、それだけでもお疲れさんです。
どこへも出ない日は、日中数十分立って、夕方にお嬢のお迎えに行って。
それで夜はぐっすりです。
画像
























疲れすぎにさせるのは良くないのですが、翌日に引きずらない程度の
程よい疲れは、深い眠りのためには大事です。
Hansも日によってマチマチなので、彼の様子とスケジュールによって
立つ事をお休みしたり、お迎えをお休みしたり・・

大事なのは、Hansが穏やかに楽しく過ごせる毎日を♪



また、免疫力の低下も徐々に影響を与えてきていて、
3月頃よりその影響範囲が広がっているのが、現在の注意点です。
身体のあちこちが炎症のトラブルに見舞われています。

昨年から始まっている包皮炎に続いて、結膜炎になりやすくなりました。
結膜炎に対しては、オゾン水洗浄した後に抗生剤入りの点眼薬をしたりしなかったり。。。
だってね、結膜炎が良くなると包皮炎が酷くなるんですもの(;^ω^)
でも、今回はきちんと結膜炎が完治するまで点眼続けます。


長患いになっている包皮炎からの影響があるのか、3月頃から更なる泌尿器系トラブル発生。
ストラバイト結石・タンパク尿・潜血・・
腎機能が低下するとタンパク尿が出ると言われているので、検査直後は心配しましたが、
その後のクレアチニン対比検査にて腎機能は今のところ問題なしと出たので、ちょっと安心。
他にタンパク尿が出る理由は、腫瘍や炎症の影響との事。
炎症の方をまずは治療をという事で、腫瘍の問題についての詳細な検査は検査見送りです。

でも、3月から泌尿器の療養食に切り替えてきたのに、先日の再検査ではストラバイトが増えてる(泣
潜血も若干だけど少しだけ増えた・・
タンパクも多少増えている様子が見られる。。。

どーーーーーゆーーーーーことーーーーーー?!

ストラバイトが固まって詰まってしまっても困るので、抗生物質の投薬を獣医さんと相談しましたが、
まだ水分摂取量が足りない要素があるとの事で、まずは今よりも水分を増やす事と、
サプリメント内容の修正をして様子見する事になりました。

でも、今でもフードをふやかす水分を加えたら、
1日3L以上は余裕で摂取しているんですけどね~(;^ω^)
健康レベルが正常なら十分な量なんでしょうけれど、ストラバイトを減らすには、
予想を超える水分が必要なんですね。

床擦れという大きなケアがひと段落したので、今度はこの問題を完治に向けファイトッ!



ご飯を食べる時など、厚めの布団を胴体にかってやらないと倒れて行ってしまいますが、
ちょこっとだったらまだ起きていられます(*^-^*)
お嬢に触ってもらえるだけでニマニマちゃんのHans
私の宝物たち - これからも支え合っていこうね!
画像
























この記事へのコメント

あんとす。
2015年06月24日 10:47
一番下の写真、2人とも良い笑顔~~♡
素敵な兄妹だね(*^_^*)
床ずれもしっかり綺麗になってる♪
右は特に産毛も生えてきているように見えるから、上手くすればちゃんと毛が生え揃ってくれるかもですね~~!

お互い色々トラブルが出てきますが、仲間と支え合いながらの介護には
本当に助けられています。
お陰で楽しく笑顔で向き合えている事に感謝。
chie
2015年06月24日 20:53
おとちゃん、酸素を持つ姿勢が大人顔負けカモ^^

いや~ほんと見事な回復。
ココまでなってた床擦れが治るって凄いですよね。
フラムもちょっと痩せ気味で床擦れの前触れかのように
赤くなったりはあったので寝床作りとかも参考になります。

立って顎のせて、ちょっとすましてる?ハンスの顔が萌え~^^♪
その下のベロンチョは↑のどこかの息子さんもよく見ますが^m^爆
元気そうな表情みれて嬉しいです^^

なお
2015年06月26日 11:37
あんとす。さん♪
いつも我が家を支えて下さってありがとうございます(#^.^#)
ふぇ~ん(涙
と泣きたいと弱っている時、踏ん張る力をもらっています。
相棒たちが繋いでくれたご縁に感謝するばかりです。
これからも状況が変わっていく事と思いますが、
この先もどうぞよろしくお願いします!
制限はあっても、また遊びに行こうね~♪
なお
2015年06月26日 11:40
chieさん♪
先日はお会い出来ず残念でした~(泣
Hansに痛い思いをさせた分、この経験を生かして
誰かのお役に少しでも立てるなら嬉しいです。
お役立ちグッズの情報提供、いつも感謝です!
ベロンチョ仲間ですか(笑
お歳をとるとこうなってくる子がいるそうです。
またぜひ、会える機会がありますように~♪
あんとす。
2015年06月27日 09:42
ふふ(・∀・)
↑ベロんちょ仲間は、アスターの事でございますよ(笑)
うちのお坊ちゃまは、若い頃からベロんちょしてたよ~♡
チョロっと出た舌に、毎度萌え萌えしてまっす(*´∀`*)
なお
2015年06月27日 10:43
あんとす。さん♪
あ、そっか、そっか(;^ω^)
どこぞの息子さんね(笑
Hansは下の前歯が小さくなってしまった頃から
ベロんちょになってきたよ。
息子君はなんでだ?!(笑
可愛いんだけどね~
つい、指で触っちゃいたくなります(#^.^#)